トップ過去問一覧ITパスポート 平成22年・秋 > 問4
問4

複数のシステム開発ベンダからRFPに基づいた提案を受けた。開発ベンダの選定方法として,最も適切なものはどれか。

○正解
×不正解

あらかじめ設定しておいた評価基準を用いて,提案内容を比較して選定する。

開発費用を抑えるために,提案内容によらず開発費用が最も安いベンダを選定する。

それぞれのベンダの強みと弱みを,SWOT分析を用いて評価して選定する。

ファンクションポイント法を用いて,提案システムの機能の充実度を測定して選定する。

解説

×開発費用を抑えるために,提案内容によらず開発費用が最も安いベンダを選定する。

開発費用だけでなく提案内容を含め統合的に判断する必要があります。

 

×それぞれのベンダの強みと弱みを,SWOT分析を用いて評価して選定する。

SWOT分析は、自社の経営戦略を決定するための自己分析です。発注先の評価、選定に用いるという話は聞きません。

 

×ファンクションポイント法を用いて,提案システムの機能の充実度を測定して選定する。

ファンクションポイント法は、ソフトウェアの規模を見積もるための手法です。開発工数の見積りに用いられます。発注先の選定に用いるという話は聞きません。

 

(補足)

「RFP(Request For Proposal:提案依頼書)」

企業が開発ベンダにシステムの提案を依頼するために作成する文書です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。