トップ過去問一覧ITパスポート 平成22年・秋 > 問46
問46

図のアローダイアグラムで示される日程のプロジェクトが開始されてから5週が経過した。各工程の進捗率が表に示すとおりの場合,プロジェクト完了の遅延につながる工程はどれか。ここで,今後の各工程の作業は,当初の予定どおり進むものとする。

 

○正解
×不正解

B

E

F

G

解説

(1)クリティカルパスを求めます。

下図のように計算すると、クリティカルパスはC-G(10週)です。クリティカルパス上の作業(CとG)の遅れは即、プロジェクトの遅延につながります。

 

(2)CとGのタスクが遅れていなか確認します。

5週経過したとあるので、計画どおりならCは完了して、Gの作業が3週分(約37%)終了しているはずです。ところが、Gが25%しか進んでいません。よって、正解はGです。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。