トップ過去問一覧ITパスポート 平成22年・秋 > 問55
問55

データ通信における暗号化技術に関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

公開鍵暗号を使用してデータを暗号化する通信では,暗号化するための鍵を,どのように安全に配送するか工夫する必要がある。

データを暗号化して通信することによって,データの破壊や改ざんを防ぐことができる。

電子商取引などで使用されるディジタル署名には,公開鍵暗号の技術が使われている。

不特定多数とのデータ通信においては,公開鍵暗号よりも共通鍵暗号が適している。

解説

○電子商取引などで使用されるディジタル署名には,公開鍵暗号の技術が使われている。

ディジタル署名の生成には秘密鍵、ディジタル署名の検証には公開鍵が用いられます。

 

×公開鍵暗号を使用してデータを暗号化する通信では,暗号化するための鍵を,どのように安全に配送するか工夫する必要がある。

鍵配送の問題があるのは共通鍵暗号です。公開鍵暗号では、公開鍵の存在によりこの問題が克服されています。

 

×データを暗号化して通信することによって,データの破壊や改ざんを防ぐことができる。

公開鍵暗号では、暗号化に使用する公開鍵が公開されているため、暗号化だけでは暗号データの送信者を特定できません。よって、なりすましやデータの改ざんが可能です。

 

×不特定多数とのデータ通信においては,公開鍵暗号よりも共通鍵暗号が適している。

公開鍵暗号の方が鍵配送が楽なので不特定多数とのデータ通信に適しています。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。