トップ過去問一覧ITパスポート 平成22年・秋 > 問60
問60

インターネットでは,通信プロトコルとして使用されてきたIPv4以外にもIPv6が使用され始めている。IPv6の説明のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

IPv4のネットワークとは共存できないので,独立したネットワークとして構築する必要がある。

IPアドレスのビット長がIPv4の4倍あり,心配されていたIPアドレスの枯渇が回避できる。

IPアドレスは数値ではなく,ホスト名とドメイン名による文字列で構成されている。

暗号通信の機能はなく,暗号化と復号は上位層のプロトコルで行われる。

解説

IPアドレスのビット長がIPv4の4倍あり,心配されていたIPアドレスの枯渇が回避できる。

IPv4のIPアドレスは32ビットであるのに対して、IPv6では128ビットです。

 

IPv4のネットワークとは共存できないので,独立したネットワークとして構築する必要がある。

IPv4とIPv6は互換性がありませんが、同一ネットワーク上で共存は可能です。

 

IPアドレスは数値ではなく,ホスト名とドメイン名による文字列で構成されている。

IPv4のIPアドレスは、4つの10進数(0~255)で表記されるのに対し、IPv6では、8つの16進数(0000~ffff)で表記します。

 

IPv4 ⇒ 192.168.137.1

IPv6 ⇒ 2001:0bd8:db50:1302:288b:f2c0:0002:11fd

 

暗号通信の機能はなく,暗号化と復号は上位層のプロトコルで行われる。

IPv6では暗号機能が標準で実装されます。暗号機能が標準で付いているという意味であり、暗号機能を使わない通信もできます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。