トップ過去問一覧ITパスポート 平成22年・秋 > 問61
問61

表計算ソフトを用いて社員コード中のチェックディジットを検算する。社員コードは3けたの整数値で,最下位の1けたをチェックディジットとして利用しており,上位2けたの各けたの数を加算した値の1の位と同じ値が設定されている。セルB2に社員コードからチェックディジットを算出する計算式を入力し,セルB2をセルB3~B5に複写するとき,セルB2に入力する計算式のうち,適切なものはどれか。

 

○正解
×不正解

10-整数部(A2/100)+剰余(整数部(A2/10),10)

剰余(10-整数部(A2/100)+整数部(A2/10),10)

剰余(整数部(A2/100)+剰余(整数部(A2/10),10),10)

整数部((整数部(A2/100)+整数部(A2/10))/10)

解説

「3けた目の値と2けた目の値を加算した値の1の位の数」を計算式で表します。整数部()と剰余()の計算を使ってうまく表現してやります。

 

「3けた目の値」

⇒ 整数部(A2/100)で求まります。

(例)

整数部(370 ÷ 100)

=整数部(3.7)

=3

 

「2けた目の値」

⇒ 剰余(整数部(A2/10),10)で求まります。

(例)

剰余(整数部(370/10),10)

=剰余(37,10)

=7

 

「3けた目の値と2けた目の値を加算した値の1の位の数」

⇒ 剰余(整数部(A2/100)+剰余(整数部(A2/10),10),10)

(例)

剰余(3+7, 10)

= 0

 

(補足)

  • 整数部(X/Z)は、XをZで割った商の整数部分です。
  • 剰余(X, Z)は、XをZで割った余りです。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。