トップ過去問一覧ITパスポート 平成22年・秋 > 問79
問79

関係データベースで管理された“業者”表,“仕入明細”表及び“商品”表がある。新たな業者から新たな商品を仕入れた場合,表にデータを追加する順序のうち,適切なものはどれか。ここで,下線は主キーを示し,破線は外部キーを示す。解答群の→はデータを追加する表の順序を示す。

 

○正解
×不正解

“業者”表 → “仕入明細”表 → “商品”表

“業者”表 → “商品”表 → “仕入明細”表

“仕入明細”表 → “商品”表 → “業者”表

“商品”表 → “業者”表 → “仕入明細”表

解説

外部キーとは、別の表の主キーの値を参照している項目のことです。参照先の主キーに存在しない値を、外部キーに設定することはできません。つまり、新しいデータを追加する際は、参照される方を最初に追加する必要があります。

 

 

“業者”表 → “仕入明細”表 → “商品”表

仕入明細表の商品コードが商品表の商品コードを参照しているので、仕入明細データの前に商品データを追加する必要があります。

 

“商品”表 → “業者”表 → “仕入明細”表

商品表の業者コードが業者表の業者コードを参照しているので、商品データの前に業者データを追加する必要があります。

 

“仕入明細”表 → “商品”表 → “業者”表

正解の真逆です。上記と同様の理由で不正解です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。