トップ過去問一覧ITパスポート 平成22年・秋 > 問9
問9

物流や販売などの部門ごとに散在していた,過去から現在までの全社のデータを統合して管理することによって,経営戦略の立案に役立てる仕組みはどれか。

○正解
×不正解

データウェアハウス

データ中心アプローチ

データマイニング

データモデリング

解説

×データ中心アプローチ

DOA(Data Oriented Approach:データ中心アプローチ)は、データやデータ同士の関連などデータを中心にシステム設計を行う手法のことです。

 

一方、POA(Process Oriented Approach:プロセス中心アプローチ)は、業務を中心にシステム設計を行う手法です。

 

×データマイニング

データウェアハウスなどに蓄積されたデータから役に立つ情報を取り出す手法のことです。例えば、オンラインショップの購買データを分析して、ある商品と同時に購入される傾向のある商品を分析し、おすすめ商品として提示することなどがあります。

 

×データモデリング

E-R図等を用いてデータをモデル化することです。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。