トップ過去問一覧ITパスポート 平成22年・春 > 問21
問21

システム開発案件A,B,Cのうち,採算性があるものはどれか。ここで,採算検討の対象期間はシステムのサービス開始後の5年目までとし,サービス開始後は,毎年,システムのメンテナンス費用が初期投資額の10%発生するものとする。

 

○正解
×不正解

AとB

BとC

CとA

AとBとC

解説

採算性は,5年分のシステム効果から初期投資額と5年分のメンテナンス費用を引いて,プラスになるかどうかで判断できます。

 

毎年のシステム効果×5年 - 初期投資額 -メンテナンス費用×5年

 

「開発案件A」

80×5-250-250×0.1×5=400-250-125=25

 

「開発案件B」

140×5-450-450×0.1×5=700-450-225=25

 

「開発案件C」

200×5-700-700×0.1×5=1000-700-350=-50

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。