トップ過去問一覧ITパスポート 平成22年・春 > 問27
問27

ロングテールの考え方を活用したインターネットにおけるビジネスの説明として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

Webサイト上で個人が出品した物品を参加者が入札し,購入する。

インターネット上に複数の仮想商店からなるWebサイトを構築し,出店料を徴収する。

販売数が少ない商品でもWebサイト上で売り続けることができる。

誘導実績に応じた報酬を支払うことを条件にほかのWebサイトにリンクを掲載し,自社商品の購入Webサイトへの顧客誘導を図る。

解説

販売数が少ない商品でもWebサイト上で売り続けることができる。

あまり売れない商品でも大量に扱えば,主要な収益源に成り得るという考え方です。

売上高上位20%の商品が全体の売上の80%を占めるとするパレートの法則(80:20の法則)とは対照的な考え方です。

 

Webサイト上で個人が出品した物品を参加者が入札し,購入する。

インターネットオークションです。

 

インターネット上に複数の仮想商店からなるWebサイトを構築し,出店料を徴収する。

インターネットショッピングモールです。

 

誘導実績に応じた報酬を支払うことを条件にほかのWebサイトにリンクを掲載し,自社商品の購入Webサイトへの顧客誘導を図る。

アフィリエイトです。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。