トップ過去問一覧ITパスポート 平成22年・春 > 問28
問28

導入を検討している機械について採算性の評価を行う。評価には予想される費用と,期待される利益を対比する方法を用いる。採算評価の期間は10年間であり,導入によって,毎年110万円の利益を得られる。また,保守費用として毎年取得費用の1%が発生する。この機械の取得費用が何万円未満であれば,採算がとれるか。

○正解
×不正解

1,000

1,100

1,111

1,222

解説

「期待される利益」

期待される利益=110×10=1,100

 

「予想される費用」

予想される費用=機械の取得費用+10年間の保守費用

=機械の取得費用+10×機械の取得費用×0.01

=機械の取得費用+機械の取得費用×0.1

=機械の取得費用×1.1

 

「採算性」

期待される利益>予想される費用

1,100>機械の取得費用×1.1

1,000>機械の取得費用

 

以上より機械の取得費用は1,000万円未満である必要があります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。