トップ過去問一覧ITパスポート 平成22年・春 > 問35
問35

図のアローダイアグラムで,AからGに至る全体の作業日数に影響を与えないことを条件に,C→Fの作業の遅れは最大何日間まで許容できるか。

 

○正解
×不正解

1

2

3

4

解説

AからFまで最も日数がかかる経路は,A→B→D→Fの13日です。A→C→Fは9日なので,4日余裕があります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。