トップ過去問一覧ITパスポート 平成22年・春 > 問37
問37

ソフトウェア開発とその取引の適正化に向けて,それらのベースとなる作業項目を一つ一つ定義し,標準化したものはどれか。

○正解
×不正解

SLCP

WBS

オブジェクト指向

データ中心アプローチ

解説

SLCP

SLCP(Software LifeCycle Process)とは,ソフトウェアの設計から破棄までの全ての過程のことを言います。サイクルのどのフェーズで何をするのかを,細かく示したものです。

 

WBS

WBS(Work Breakdown Structure)とは、プロジェクトマネジメントにおいて計画を立てる際に用いられる手法の一つで,成果物や仕事の詳細な区分を,階層構造として示した図表,またはそうした図表を作ることでプロジェクトの体系化を図る手法のことをいいます。

 

オブジェクト指向

オブジェクト指向の基本概念として挙げられるものは,抽象化,カプセル化,クラス,インスタンス,継承(インヘリタンス),多態性(ポリモルフィズム),動的束縛(ダイナミックバインディング)などがあります。

 

データ中心アプローチ

データベースなどデータの構造に注目してシステムを構築する方法のことです。これまでは,プロセス中心のプローチをしていました。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。