トップ過去問一覧ITパスポート 平成22年・春 > 問6
問6

企業の売上高,固定費及び変動費が分かっているとき,損益分岐点比率,損益分岐点売上高及び変動比率は,それぞれ次の式で求めることができる。これらの式から言える適切な記述はどれか。

 

損益分岐点比率 = 損益分岐点売上高 ÷ 売上高

損益分岐点売上高 = 固定費 ÷ (1 - 変動費率)

変動費率 = 変動費 ÷ 売上高

○正解
×不正解

売上に占める固定費が大きいほど,損益分岐点比率は低くなり,利益は増加する。

損益分岐点比率が高いほど,売上に対する利益は多くなる。

損益分岐点比率が低いほど,売上に対する利益は多くなる。

変動費率が高くなれば,損益分岐点比率は低くなり,利益も低下する。

解説

損益分岐点とは,売上と経費がトントンになる,利益がちょうど0になるポイントです。その時の売上高を損益分岐点売上高といいます。

 

売上に占める固定費が大きいほど,損益分岐点比率は低くなり,利益は増加する。

固定費が大きいほど,当然利益は減少します。

 

損益分岐点比率が高いほど,売上に対する利益は多くなる。

損益分岐点比率が高い⇒損益分岐点売上高が高い⇒利益が少ない

 

変動費率が高くなれば,損益分岐点比率は低くなり,利益も低下する。

変動率が高くなると,下式の (1 - 変動費率)が小さくなるので,割り算の分母が大きくなれば,損益分岐点売上高は大きくなります。

 

損益分岐点売上高 = 固定費 ÷ (1 - 変動費率)

 

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。