トップ過去問一覧ITパスポート 平成22年・春 > 問60
問60

ある音をコンピュータのファイルにデータとして記録するとき,符号化ビットを8ビットとしている。符号化ビット数を16ビットに変更し,同じ音を同じサンプリング周波数で記録したときの説明として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

音の振幅をより細かく記録できる。

記録時間が同じ場合,データ量は少なくなる。

記録したデータの加工に必要なCPUの負担は減る。

記録できる周波数の上限が高くなる。

解説

音を記録するというのは,音(音波)の振幅を数値として記録することです。これを短い一定周期で何回も行います(例.1秒に44万回)。

 

符号化ビット数を増やすと,振幅をより細かく記録できます。8ビットでは0~255の256段階ですが,16ビットでは0~65535の65536段階で数値化できます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。