トップ過去問一覧ITパスポート 平成21年・秋 > 問11
問11

インターネットなどのネットワークを介してコンピュータを利用する場合において,不正アクセス禁止法で禁止されている行為はどれか。

○正解
×不正解

他人のIDとパスワードを,本人の許可なく,その利用方法を知っている第三者に教えること

他人のPC操作を盗み見るなどして,他人のIDとパスワードを入手すること

本人の了解を得ることなく,他人のメールアドレスを第三者に教えること

本人の了解を得ることなく,不正に他人のメールアドレスを入手すること

解説

 

他人のPC操作を盗み見るなどして,他人のIDとパスワードを入手すること

盗んだだけでは不正アクセス禁止法の適用範囲外です。盗んだものを悪用すると同法が適用されます。当然,窃盗罪か何かには問われます。

 

本人の了解を得ることなく,他人のメールアドレスを第三者に教えること

本人の了解を得ることなく,不正に他人のメールアドレスを入手すること

メールアドレスだけでは不正アクセスできないので,違います。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。