トップ過去問一覧ITパスポート 平成21年・秋 > 問2
問2

パレート図の使用が最も適切である分析対象はどれか。

○正解
×不正解

生産工程の信頼性

製品の重量のばらつき

品質不良の要因ごとの構成比率

二つの変動要素の間の関係

解説

 

品質不良の要因ごとの構成比率

パレート図では,不良数の多い要因から順に,累積構成比率を求めます。

 

二つの変動要素の間の関係

散布図

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。