トップ過去問一覧ITパスポート 平成21年・秋 > 問20
問20

ICカードと磁気カードの偽造に対する安全性の比較に関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

ICカードは,ICチップへの情報の格納や情報の暗号化を行っているので,磁気カードに比べて偽造されにくい。

ICカードは,情報の記録に二次元コードを使うので,磁気カードに比べて偽造されにくい。

磁気カードは,磁気ストライプに情報を格納しており,ICカードに比べて情報を保護する仕組みが複雑で偽造されにくい。

磁気カードは,情報の記録にバーコードを利用しており,ICカードに比べて偽造されにくい。

解説

磁気カードは,不正な装置に通すことで簡単に情報が盗まれてしまうという問題点があります(スキミング)。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。