トップ過去問一覧ITパスポート 平成21年・秋 > 問23
問23

労働基準法において,時間外及び休日の労働を認めるために規定されていることはどれか。

○正解
×不正解

会社の就業規則が作成されていること

本人の労働意思が個別に確認されていること

労使の協定を書面で締結し,行政官庁に届け出ること

割増賃金について,支給細目が決まっていること

解説

労使の協定を書面で締結し,行政官庁に届け出ること

労働基準法の第36条に定められています。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。