トップ過去問一覧ITパスポート 平成21年・秋 > 問49
問49

内部統制に関する記述として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

内部監査人は,経営者による内部統制の整備や運用に対して監督責任をもつ。

内部統制に関するリスクは,発生頻度でなく発生した場合の財務情報への影響度で評価する。

内部統制の評価法として,業務実施部門がチェックリストで自らの業務がルール通りに行われているかを評価する独立的モニタリングがある。

内部統制は,経営者が組織目的の達成について合理的な保証を得るためのマネジメントプロセスである。

解説

内部監査人は,経営者による内部統制の整備や運用に対して監督責任をもつ。

これは監査役の仕事です。内部監査人は経営者の命令で動くので経営者を見張る権限はありません。

 

内部統制の評価法として,業務実施部門がチェックリストで自らの業務がルール通りに行われているかを評価する独立的モニタリングがある。

内部監査は被監査部門と独立した第三者が行います。

 

内部統制に関するリスクは,発生頻度でなく発生した場合の財務情報への影響度で評価する。

頻度と影響度の組合せで評価します。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。