トップ過去問一覧ITパスポート 平成21年・秋 > 問52
問52

システム開発を外部に委託する場合に行う管理方法として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

委託形態にかかわらず,開発作業の管理責任やリスクはすべて発注元が負うので,発注元が委託先の従業員に直接指示を出す。

一括請負であっても,開発プロジェクトの他の一部を発注元が分担している場合は,発注元が委託先の従業員に直接指示を出す。

一括請負の場合は,成果物を納入するまでの過程については,すべて委託先の責任とリスクで作業を実施するので,発注元が委託先の従業員に直接指示は出さない。

人材派遣を受け入れた場合は,派遣者が担当する開発作業のリスクは,派遣元の会社が負うので,発注元が派遣者に直接指示は出さない。

解説

 

委託形態にかかわらず,開発作業の管理責任やリスクはすべて発注元が負うので,発注元が委託先の従業員に直接指示を出す。

請負い契約の場合は,委託先が開発作業の管理責任を負います。

 

一括請負であっても,開発プロジェクトの他の一部を発注元が分担している場合は,発注元が委託先の従業員に直接指示を出す。

請負で発注元が指示を出したら偽装請負になります。

 

人材派遣を受け入れた場合は,派遣者が担当する開発作業のリスクは,派遣元の会社が負うので,発注元が派遣者に直接指示は出さない。

派遣契約の場合は,発注元に指揮命令件があります。派遣元に開発の完成責任はありません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。