トップ過去問一覧ITパスポート 平成21年・秋 > 問59
問59

OSの機能の一つである仮想記憶方式の目的はどれか。

○正解
×不正解

OSが使用している主記憶の領域などに,アプリケーションプログラムがアクセスすることを防止する。

主記憶の情報をハードディスクに書き出してから電力供給を停止することで,作業休止中の電力消費を少なくする。

主記憶の容量よりも大きなメモリを必要とするプログラムも実行できるようにする。

主記憶よりもアクセスが高速なメモリを介在させることによって,CPUの処理を高速化する。

解説

主記憶の容量よりも大きなメモリを必要とするプログラムも実行できるようにする。

主記憶が足りない部分は,磁気ディスクをメモリ代わりに割り当てます。

 

主記憶の情報をハードディスクに書き出してから電力供給を停止することで,作業休止中の電力消費を少なくする。

休止状態(ハイバネーション)です。

 

主記憶よりもアクセスが高速なメモリを介在させることによって,CPUの処理を高速化する。

キャッシュです。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。