トップ過去問一覧ITパスポート 平成21年・秋 > 問67
問67

フールプルーフの考え方として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

故障などでシステムに障害が発生した際に,被害を最小限にとどめるようにシステムを安全な状態にする。

システム障害は必ず発生するという思想の下,故障の影響を最低限に抑えるために,機器の多重化などの仕組みを作る。

システムに故障が発生する確率を限りなくゼロに近づけていく。

人間がシステムの操作を誤ってもシステムの安全性と信頼性を保持する。

解説

故障などでシステムに障害が発生した際に,被害を最小限にとどめるようにシステムを安全な状態にする。

フェールセーフです。

 

システム障害は必ず発生するという思想の下,故障の影響を最低限に抑えるために,機器の多重化などの仕組みを作る。

フォールトトラレンスです。

 

システムに故障が発生する確率を限りなくゼロに近づけていく。

フォールトアボイダンスです。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。