トップ過去問一覧ITパスポート 平成21年・秋 > 問87
問87

木構造を採用したファイルシステムに関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

階層が異なれば同じ名称のディレクトリが作成できる。

カレントディレクトリは常に階層構造の最上位を示す。

相対パス指定ではファイルの作成はできない。

ファイルが一つも存在しないディレクトリは作成できない。

解説

カレントディレクトリは常に階層構造の最上位を示す。

カレントディレクトリは,現在のいるディレクトリです。最上位のディレクトリはルートディレクトリと呼びます。

 

相対パス指定ではファイルの作成はできない

ファイルが一つも存在しないディレクトリは作成できない。

できます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。