トップ過去問一覧応用情報技術者 平成23年・春 > 問1
問1

整数Aを整数Bで割った余りrem(A, B)が次のとおり定義されているとき,適切な式はどれか。

 

[rem(A, B)の定義]

rem(A, B)は、除数Bと同じ符号をもつ整数又は0であり,その絶対値は,Bの絶対値よりも小さい。ある整数Nを選ぶことによって

A=B×N+rem(A, B)

が成立する。

○正解
×不正解

rem(11, 5) = 2

rem(11, -5) = -1

rem(12, -5) = -3

rem(-11, 5) = 1

解説

12=-5×N+(-3)

N=-3が当てはまるので

 

rem(12, -5) = -3

が正解です

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。