トップ過去問一覧応用情報技術者 平成23年・春 > 問12
問12

主記憶アクセスの高速化技術であるライトバック方式における,キャッシュメモリ及び主記憶への書き込みの説明として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

キャッシュメモリ及び主記憶の両方に書き込む。

キャッシュメモリにだけ書き込み、対応する主記憶の更新はキャッシュメモリからデータが追い出されるときに行う。

キャッシュメモリへの書き込みと同時にバッファに書き込んだ後、バッファから主記憶へ順次書き込む。

主記憶を、独立して動作する複数のブロックに分けて、各ブロックに並列に書き込む。

解説

キャッシュメモリ及び主記憶の両方に書き込む。

ライトスルー方式の説明です。

 

主記憶を、独立して動作する複数のブロックに分けて、各ブロックに並列に書き込む。

メモリインタリーブの説明です。

 

キャッシュメモリへの書き込みと同時にバッファに書き込んだ後、バッファから主記憶へ順次書き込む。

ライトスルー方式の処理速度向上のため使われる方法です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。