トップ過去問一覧応用情報技術者 平成23年・春 > 問18
問18

3種類のコンピュータX~Zにおいて,ベンチマークプログラム1,2の処理時間が次のとおりであった。コンピュータを性能の高い順に並べたものはどれか。ここで,コンピュータの性能値は相乗平均値を用いるものとする。

 

単位
コンピュータ ベンチマークプログラム1 ベンチマークプログラム2
X 10 40
Y 20 30
Z 25 25
○正解
×不正解

X,Y,Z

X,Z,Y

Y,X,Z

Z,Y,X

解説

相乗平均は、一般的によく使われる相加平均に対して、

n√(A1×A2×A3×…An)

のようにn個の要素をすべて乗算し、n乗根することで求められる平均値です。

 

設問では要素はX~Zにおいてどれも2個なので、比較だけなら累乗根の計算をしなくても可能です。

X) 10 × 40 = 400

Y) 20 × 30 = 600

Z) 25 × 25 = 625

 

数字が少ないほど処理能力が高いことになるので、X, Y, Zの順の性能です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。