トップ過去問一覧応用情報技術者 平成23年・春 > 問3
問3

相関係数に関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

すべての標本点が正の傾きをもつ直線上にあるときは、相関係数が+1になる。

変量間の関係が線形のときは、相関係数が0になる。

変量間の関係が非線形のときは、相関係数が負になる。

無相関のときは、相関係数が-1になる。

解説

すべての標本点が正の傾きをもつ直線上にあるときは、相関係数が+1になる。

正しい記述です。

 

変量間の関係が線形のときは、相関係数が0になる。

「変量間の関係が線形である」とは、一方の量が増えるともう一方の量がそれに比例して増える(あるいは減る)状態です。したがって0ではありません。

 

変量間の関係が非線形のときは、相関係数が負になる。

「変量間の関係が非線形である」とは一方の量が増えたときのもう一方の量の変化が直線的に比例しない場合をいいます。したがって必ずしも負であるとは限りません。

 

無相関のときは、相関係数が-1になる。

相関がないときの相関係数は0です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。