トップ過去問一覧応用情報技術者 平成23年・春 > 問31
問31

関係データベースのインデックスに関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

インデックスはユニーク属性のデータ項目にだけ設定できる。

インデックスを定義することで,データベースに対するすべての操作が速くなる。

外部キーにもインデックスを設定しなければならない。

主キー以外の列に対してもインデックスを指定できる。

解説

関係データベースにおけるインデックスとは、データベースへの処理を速くするために付けることができる索引としてのデータ構造です。

 

インデックスを定義することで,データベースに対するすべての操作が速くなる。

インデックスを設定すると、挿入、更新、削除処理時にインデックスの書き換えが必要になるため、処理速度が遅くなる場合があります。

 

外部キーにもインデックスを設定しなければならない。

必ずインデックスを設定しなければならない項目はありません。

 

インデックスはユニーク属性のデータ項目にだけ設定できる。

主キー以外の列に対してもインデックスを指定できる。

どのデータ項目に対してもインデックスを設定できます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。