トップ過去問一覧応用情報技術者 平成23年・春 > 問49
問49

共通フレーム2007をソフトウェア産業界に導入する目的として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

ソフトウェア産業界において,ソフトウェア開発の生産性の尺度を統一する。

ソフトウェアの開発及び取引における契約書や設計書など,文書の種類や書式を規定する。

ソフトウェアの開発及び取引の内容を明確にし,市場の透明性を高め,取引の更なる可視化を実現する。

電子商取引を行う際に必要な国際会計基準への対応方法を標準化する。

解説

「共通フレーム2007」とはシステム、ソフトウェア開発における、共通の用語や作業内容を標準化するためのガイドラインです。問題文には「共通フレーム2007をソフトウェア産業界に導入する目的」とありますので、共通の用語を定めることによって得られる利益について記述したものが正解です。

 

ソフトウェアの開発及び取引における契約書や設計書など,文書の種類や書式を規定する。

電子商取引を行う際に必要な国際会計基準への対応方法を標準化する。

ソフトウェア産業界において,ソフトウェア開発の生産性の尺度を統一する。

これらは共通の用語や作業内容そのもの(手段)であって、それらを定める目的とはいえないので不正解です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。