トップ過去問一覧応用情報技術者 平成23年・春 > 問53
問53

パレート図の用途として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

工程の状態や品質を時系列的に表した図であり,工程が安定した状態にあるかどうかを判断するために用いる。

項目別に層別して出現度数の大きさの順に並べるととともに累積和を示した図であり,主要な原因を識別するために用いる。

二つの特性を横軸と縦軸にとり測定値を打点した図であり,それらの相関を判断するために用いる。

矢印付き大枝の先端に特性を,中枝,小枝に要因を表した図であり,どれがどれに影響しているかを分析するために用いる。

解説

品質管理を統計的手法によって行うのが以下のQC七つ道具です。

ヒストグラム/管理図/チェックシート/パレート図/特性要因図/散布図/層別

 


 

工程の状態や品質を時系列的に表した図であり,工程が安定した状態にあるかどうかを判断するために用いる。

管理図の説明です。

 

二つの特性を横軸と縦軸にとり測定値を打点した図であり,それらの相関を判断するために用いる。

散布図の説明です。

 

矢印付き大枝の先端に特性を,中枝,小枝に要因を表した図であり,どれがどれに影響しているかを分析するために用いる。

特性要因図の説明です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。