トップ過去問一覧応用情報技術者 平成23年・春 > 問54
問54

プレゼンテーションの目的とグラフの使い方の記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

Zグラフを利用して,一定期間の売り上げ実績や業績傾向を表示する。

円グラフを利用して,作業予定に対する実際の進捗の度合いを表示する。

折れ線グラフを利用して,複数の評価項目に基づく製品の機能の優劣を表示する。

散布図を利用して,製品に対する各社の市場占有率を表示する。

解説

円グラフを利用して,作業予定に対する実際の進捗の度合いを表示する。

スケジュール管理にはガントチャートを使います。

 

散布図を利用して,製品に対する各社の市場占有率を表示する。

占有率の図示は、数値よりも割合に意味があるので、円グラフを用いるのが適当です。

 

折れ線グラフを利用して,複数の評価項目に基づく製品の機能の優劣を表示する。

複数の項目をそれぞれ比較するためには、マトリックス図を用いるのが適当です。

 

Zグラフを利用して,一定期間の売り上げ実績や業績傾向を表示する。

Zグラフはある期間内の数値とその累計や、移動累計の推移を図示するものなので、正解となります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。