トップ過去問一覧応用情報技術者 平成23年・春 > 問63
問63

ある営業部員の1日の業務活動を分析した結果は,表のとおりである。営業支援システムの導入によって訪問準備時間が1件当たり0.1時間短縮できる。総業務時間と1件あたりの顧客訪問時間を変えずに,1日の顧客訪問件数を6件にするには,“その他業務時間”を何時間削減する必要があるか。

○正解
×不正解

0.3

0.5

0.7

1.0

解説

今までの5件だった顧客訪問を6件にしたとき、必要になる訪問時間の合計は

5.0÷5×6=6.0(時間)

訪問準備時間を1件当たり0.1時間短縮した上で、訪問件数5件を6件にしたとき必要になる準備時間の合計は

(1.5÷5-0.1)×6=1.2(時間)

これら二つを除いた総業務時間の残りは

8.0-6.0-1.2=0.8(時間)

したがって、現在の「その他業務時間」から削減しなければならない量は

1.5-0.8=0.7(時間)です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。