トップ過去問一覧応用情報技術者 平成23年・春 > 問72
問72

通信機能及び他の機器の管理機能をもつ高機能型の電力メータであるスマートメータを導入する目的として,当てはまらないものはどれか。

○正解
×不正解

自動検針が可能になり,検針作業の効率向上につながる。

停電時に補助電源として一定時間電力を供給し続けることができる。

電力需要制御が可能になり,ピーク電力を制御することができる。

電力消費の見える化によって、電力需要の平準化につながる。

解説

スマートメータがもつ機能は、従来の消費電力計測表示機能に加え、通信機能と他機器制御機能です。自ら発電したり充電できたりするわけではありません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。