トップ過去問一覧応用情報技術者 平成23年・春 > 問78
問78

偽装請負となるものはどれか。

○正解
×不正解

請負契約の要員が業務で使用するコンピュータや開発環境などは請負業者側で調達し管理する。

請負契約の要員が発注先の事務所で業務を行う場合の規律、服装などの管理は請負業者側で行う。

請負契約の要員と発注者の社員が混在しているチームで,発注者側の責任者が業務の割振り,指示を行う。

請負契約の要員の時間外労働,休日労働は,業務の進捗状況などをみて請負業者側の責任者が決める。

解説

請負契約による業務において、請負側はかならず作業責任者を置き、配下の人員に作業指示をするのは請負側でなくてはなりません。請負側が責任者を置かないか実質的に機能しておらず、発注者側が請負側の労働者に作業指示を行っているような場合、偽装請負として、職業安定法並びに労働者派遣法に定める違法行為に該当します。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。