トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・春 > 問14
問14

アナログ音声信号を,サンプリング周波数44.1kHzのPCM方式でディジタル録音するとき,録音されるデータ量は何によって決まるか。

○正解
×不正解

音声データの最高周波数

音声信号の最大振幅

音声データの再生周波数

音声データの量子化ビット数

解説

PCM方式では、アナログ音声信号を特定の周波数でサンプリング(=標本化)し、サンプリングした各瞬間の信号の大きさを数値データとして表す(=量子化)ことでデジタル変換します。数値データの最大値(設定した量子化ビット数で決まる)が大きければデータ量が増えます。量子化ビット数やサンプリング周波数が同じであれば音声データ全体の周波数やデータの振幅、波形はデータ量に影響しません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。