トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・春 > 問37
問37

CSMA/CD方式のLANに接続されたノードの送信動作に関する記述として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

各ノードに論理的な順位付けを行い,送信権を順次受け渡し,これを受け取ったノードだけが送信を行う。

各ノードは伝送媒体が使用中かどうかを調べ,使用中でなければ送信を行う。衝突を検出したらランダムな時間経過後に再度送信を行う。

各ノードを環状に接続して,送信権を制御するための特殊なフレームを巡回させ,これを受け取ったノードだけが送信を行う。

タイムスロットを割り当てられたノードだけが送信を行う。

解説

CSMA/CD方式(Carrier Sense Multiple Access/Collision Detection:搬送波感知多重アクセス/衝突検出方式)はEthernetで用いられる通信方式で、詳細は

各ノードは伝送媒体が使用中かどうかを調べ,使用中でなければ送信を行う。衝突を検出したらランダムな時間経過後に再度送信を行う。

のとおりです。

 

各ノードに論理的な順位付けを行い,送信権を順次受け渡し,これを受け取ったノードだけが送信を行う。

これはトークンパス方式です。

 

各ノードを環状に接続して,送信権を制御するための特殊なフレームを巡回させ,これを受け取ったノードだけが送信を行う。

トークンリング方式です。

 

タイムスロットを割り当てられたノードだけが送信を行う。

TDMA(Time Division Multiple Access:時分割多元接続)です。無線通信に使われる技術です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。