トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・春 > 問48
問48

オブジェクト指向の特徴はどれか。

○正解
×不正解

オブジェクト指向では,抽象化の対象となるオブジェクトに対する操作をあらかじめ指定しなければならない。

カプセル化によって,オブジェクト間の相互依存性を高めることができる。

クラスの変更を行う場合には,そのクラスの上位にあるすべてのクラスの変更が必要となる。

継承という概念によって,モデルの拡張や変更の際に変更箇所を局所化できる。

解説

オブジェクト指向における継承(inheritance)とは、既存のクラスを基にして新しい派生クラスを作ることです。

 

この問題で、継承や派生クラスについて書かれた選択肢の二つ

クラスの変更を行う場合には,そのクラスの上位にあるすべてのクラスの変更が必要となる。

継承という概念によって,モデルの拡張や変更の際に変更箇所を局所化できる。

は、相互に矛盾しているので、どちらかが正解でどちらかが不正解です。下位のクラスが上位のクラスの特性を継承するのですから前者が誤りで後者が正解だとわかります。

 

その他の選択肢についても触れておきます。

カプセル化によって,オブジェクト間の相互依存性を高めることができる。

オブジェクト同士の独立性を高めるのがカプセル化です。

 

オブジェクト指向では,抽象化の対象となるオブジェクトに対する操作をあらかじめ指定しなければならない。

後からでも可能です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。