トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・春 > 問50
問50

ソフトウェア開発において,構成管理に起因しない問題はどれか。

○正解
×不正解

開発者が定められた改版手続きに従わずにプログラムを修正したので,今まで動作していたプログラムが不正な動作をする。

システムテストにおいて,単体テストレベルのバグが多発して,開発が予定どおり進捗しない。

仕様書,設計書及びプログラムの版数が対応付けられていないので,プログラム修正時にソースプログラムを解析しないと,修正すべきプログラムが特定できない。

一つのプログラムから多数の派生プログラムが作られているが,派生元のプログラム修正がすべての派生プログラムに反映されない。

解説

ソフトウェア開発の構成管理とは、開発から運用にいたる一連の流れの中で、ソフトウェアや各ドキュメントといった作業成果物のバージョン管理や、機能の一貫性などを保証するため行う作業です

 

開発者が定められた改版手続きに従わずにプログラムを修正したので,今まで動作していたプログラムが不正な動作をする。

本来、一緒に修正が必要な関連プログラムの修正を放置したためと考えられ、修正の情報を記録、共有するという構成管理のミスと言えます。

 

システムテストにおいて,単体テストレベルのバグが多発して,開発が予定どおり進捗しない。

正解です。ソフトウェアそのものの品質による問題であり、構成管理に起因するものではありません。

 

仕様書,設計書及びプログラムの版数が対応付けられていないので,プログラム修正時にソースプログラムを解析しないと,修正すべきプログラムが特定できない。

仕様書や設計書の修正が記録されず最新の状態になっていなかったことが原因として考えられ、構成管理の問題である可能性があります。

 

一つのプログラムから多数の派生プログラムが作られているが,派生元のプログラム修正がすべての派生プログラムに反映されない。

派生元と派生先の一貫性が確保されていないということであり、構成管理にかかわる問題です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。