トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・春 > 問51
問51

ファストトラッキング技法を用いてスケジュールの短縮を行う。当初の計画は図1のとおりである。作業Eを作業E1,E2,E3に分けて,図2のように計画を変更すると,スケジュールは全体で何日短縮できるか。

○正解
×不正解

1

2

3

4

解説

図1での、全体の所要日数はA―B―E―H―Iが最長の経路なので5+8+9+4+2=28(日)です。

図2では、Eの作業を変更したことにより、最も日数のかかる経路がA―B―D―Gに変わります。全体の所要日数は5+8+7+7+=27(日)。

スケジュール全体の短縮できる日数は28-27=1(日)です。

Eの作業を9日間から4+2=6日間に短縮したからといって、安易に9-6=3(日)とせず、全体の所要日数をよく確かめて解答してください。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。