トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・春 > 問52
問52

ファンクションポイント法の説明はどれか。

○正解
×不正解

開発するプログラムごとのステップ数を積算し,開発規模を見積もる。

開発プロジェクトで必要な作業のWBSを作成し,各作業の工数を見積もる。

外部入出力や内部論理ファイル,照会,インタフェースなどの個数と特性などから開発規模を見積もる。

過去の類似例を探し,その実績と差異などを分析評価して開発規模を見積もる。

解説
ファンクションポイント法
開発規模を見積もるための手法の一つです。ソフトウェアが持つ機能に対し、その数や複雑さに応じた点数を付け、見積工数を算出します。

開発するプログラムごとのステップ数を積算し,開発規模を見積もる。

プログラムステップ法による見積の説明です。

 

開発プロジェクトで必要な作業のWBSを作成し,各作業の工数を見積もる。

標準タスク法による見積の説明です。

 

過去の類似例を探し,その実績と差異などを分析評価して開発規模を見積もる。

類似法の説明です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。