トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・春 > 問53
問53

ウォーターフォール型のソフトウェア開発において,運用テストで発見された誤りの修復に要するコストに関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

外部設計の誤りは,プログラムだけでなく,マニュアルなどにも影響を与えるので,コーディングの誤りに比べて修復コストは高い。

コーディングの誤りは,修復のための作業範囲がその後の全工程に及ぶので,要求定義の誤りに比べて修復コストは高い。

テストケースの誤りは,テストケースの修正とテストのやり直しだけでは済まないので,外部設計の誤りに比べて修復コストは高い。

内部設計の誤りは,設計レビューによってほとんど除去できるので,もし発見されても,コーディングの誤りに比べて修復コストは安い。

解説

ウォーターフォール型のソフトウェア開発は、各作業工程において一つの工程を完了させてから次の工程に進みます。前工程に誤りがないことが前提となっているため、間違いが発覚した場合、その間違いを生んだのが上流の工程であればあるほど修復のコストが高くなります。また、開発の流れは

 

基本計画 → 要求定義 → 外部設計 → 内部設計 → プログラム設計 → コーディング → 単体テスト → 結合テスト → システムテスト → 運用テスト → 保守・運用

 

となっています。

 

外部設計の誤りは,プログラムだけでなく,マニュアルなどにも影響を与えるので,コーディングの誤りに比べて修復コストは高い。

外部設計はコーディングよりも上流に位置する工程であるため、これが正解です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。