トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・春 > 問55
問55

データのバックアップに関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

バックアップからの復旧時間を最短にするために,差分バックアップ方式を採用する。

バックアップからの復旧処理でランダムアクセスを可能にするために,磁気テープにバックアップする。

バックアップしたデータの整合性を保証するために,バックアップ処理と業務処理が重ならないようにスケジューリングする。

バックアップ処理の時間を最短にするために,同一記憶媒体内にバックアップする。

解説

バックアップからの復旧時間を最短にするために,差分バックアップ方式を採用する。

差分バックアップは複製するデータ容量を抑えるための方式です。完全バックアップ方式よりも復旧時間は掛かります。

 

バックアップからの復旧処理でランダムアクセスを可能にするために,磁気テープにバックアップする。

磁気テープは先頭から読み出し、書き込みします。ランダムアクセスできません。

 

バックアップしたデータの整合性を保証するために,バックアップ処理と業務処理が重ならないようにスケジューリングする。

バックアップ処理と他の業務処理が重なると、バックアップ中に業務処理が追加、更新したデータの一部がバックアップに反映されてしまい、システムのどの時点のデータでもない複製が出来上がるおそれがあります。データの整合性を取るために何らかの対策が必要となります。

 

バックアップ処理の時間を最短にするために,同一記憶媒体内にバックアップする。

同一記憶媒体内へバックアップすることは、その記憶媒体が壊れたら、作成した複製データも失うことを意味します。そもそもバックアップとして適当ではありません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。