トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・春 > 問65
問65

事業を次のa~dに分割した場合,bに該当する事業の特徴はどれか。

 





a b
c d
   
    市場占有率
○正解
×不正解

現在は大きな資金の流入をもたらしているが,同時に将来にわたって資金の投下も必要である。

現在は資金の主たる供給源の役割を果たしており,新たに資金を投下すべきではない。

現在は資金の流入が小さいが,資金投下を行えば,将来の資金供給源になる可能性がある。

事業を継続させていくための資金投下の必要性は低く,将来的には撤退を考えざるを得ない。

解説

PPM(Product Portfolio Management)分析は、経営資源の最適な配分を考えるためのマネジメント手法です。PPMマトリックスと呼ばれる以下のような図を用い、各事業を4象限のいずれかに振り分けて分類します。

 

ポートフォリオ・マトリックス





問題児 スター(花形)
負け犬 金のなる木
   
    市場占有率

 

占有率が高い事業ほど資金の供給源になりえ、成長率の高い事業ほど今後の投資を必要とします。「金のなる木」から得た資金を「問題児」に投下して「スター」に育てることを目指し、「負け犬」の縮小や撤退を検討するのが基本的な戦略です。

 

現在は大きな資金の流入をもたらしているが,同時に将来にわたって資金の投下も必要である。

占有率も成長率も高い事業の記述です。bに当てはまります。正解です。

 

現在は資金の主たる供給源の役割を果たしており,新たに資金を投下すべきではない。

占有率は高いが成長率が低い事業です。dに当てはまります。

 

現在は資金の流入が小さいが,資金投下を行えば,将来の資金供給源になる可能性がある。

占有率は低いが成長率が高い事業です。aに該当します。

 

事業を継続させていくための資金投下の必要性は低く,将来的には撤退を考えざるを得ない。

占有率も成長率も低い事業です。cに位置します。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。