トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・春 > 問67
問67

ある製品の設定価格と期待需要の関係が1次式で表せるとき,aに入る適切な数値はどれか。

 

(1)設定価格を3,000円にすると,需要は0個になる。

(2)設定価格を1,000円にすると,需要は60,000個になる。

(3)設定価格を1,500円にすると,需要はa個になる。

○正解
×不正解

30,000

35,000

40,000

45,000

解説

設定価格と期待需要の関係が1次式で表せるということは、価格をP、需要量をQとすると

Q=aP+b 

という形で記述できます。これに(1)と(2)を代入して連立方程式を作ると、aとbの値を求めることができます。

0=3000a+b

60000=1000a+b

b=90000, a=-30

(3)のときの期待需要量Q3

Q3=-30・1500+90000

45000

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。