トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・春 > 問70
問70

電子自治体においてG to Bに該当するものはどれか。

○正解
×不正解

自治体内で電子決裁や電子公文書管理を行う。

自治体の利用する物品や資材の電子調達,電子入札を行う。

住民基本台帳ネットワークによって,自治体間で住民票データを送受信する。

住民票や戸籍謄本,婚姻届,パスポートなどを電子申請する。

解説

GtoB(Government to Business)は電子商取引の形態のひとつで、政府や自治体が企業とやりとりするものをいいます。該当するのは

自治体の利用する物品や資材の電子調達,電子入札を行う。

です。

 

自治体内で電子決裁や電子公文書管理を行う。

電子政府(電子自治体)です。

 

住民基本台帳ネットワークによって,自治体間で住民票データを送受信する。

G to Gです。

 

住民票や戸籍謄本,婚姻届,パスポートなどを電子申請する。

G to Cです。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。