トップ過去問一覧基本情報技術者 平成21年・秋 > 問21
問21

GPL の下で公開された OSS を使い, ソースコードを公開しなかった場合にライセンス違反となるものはどれか。

○正解
×不正解

OSS とアプリケーションソフトウェアとのインタフェースを開発し,販売している。

OSS の改変を他社に委託し,自社内で使用している。

OSS の入手,改変,販売をすべて自社で行っている。

OSS を利用して性能テストを行った自社開発ソフトウェアを販売している。

解説

GPL(General Public License)では、改変したソフトウェアを販売(頒布)する際に、販売(頒布)する相手にソースコードを公開しなければいけません。

 

>OSS とアプリケーションソフトウェアとのインタフェースを開発し,販売している。

OSSを販売しているわけではないのでソースコードを公開する必要はない。

 

>OSS の改変を他社に委託し,自社内で使用している。

自社内で使用している分には、ソースコードを公開する必要はない。

 

>OSS の入手,改変,販売をすべて自社で行っている。

販売する際は、販売先にソースコードを公開しなければならない。

 

>OSS を利用して性能テストを行った自社開発ソフトウェアを販売している。

OSSを販売しているわけでないのでソースコードを公開する必要はない。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。