トップ過去問一覧基本情報技術者 平成21年・秋 > 問27
問27

GUI 画面の設計において,キーボードの操作に慣れている利用者と,慣れていない 利用者のどちらにも,操作性の良いユーザインタフェースを実現するための留意点のうち, 適切なものはどれか。

○正解
×不正解

キーボードから入力させる項目数を最少にして,できる限り項目の一覧からマウスで選択させるようにする。

使用頻度の高い操作は,マウスをダブルクリックして実行できるようにする。

できる限り多くの操作に対して,マウスとキーボードの両方のインタフェースを用意する。

入力原票の形式にとらわれずに,必須項目など重要なものは1か所に集めて配置し,入力漏れがないようにする。

解説

>キーボードから入力させる項目数を最少にして,できる限り項目の一覧からマウスで選択させるようにする。

キーボード操作に慣れているユーザへの配慮がありません。

 

>使用頻度の高い操作は,マウスをダブルクリックして実行できるようにする。

キーボード操作に慣れているユーザへの配慮がありません。

 

>入力原票の形式にとらわれずに,必須項目など重要なものは1か所に集めて配置し,入力漏れがないようにする。

キーボード操作の慣れ不慣れとは関係ありません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。