トップ過去問一覧基本情報技術者 平成21年・秋 > 問28
問28

システムの品質を向上させるために,発生した障害の原因についてパレート図を用いて分析した。 分析結果から分かることはどれか。

○正解
×不正解

時系列で見た障害の発生原因と発生件数

システムの規模と,障害の発生件数との相関

障害の主な発生原因と,それらの原因別の発生件数が全体に占める割合

発生した障害と,それに影響を及ばすと思われる原因との関系

解説

>障害の主な発生原因と,それらの原因別の発生件数が全体に占める割合

パレート図は、値が大きい順に並べた棒グラフと累積値を表す折れ線グラフからなる図です。

 

>時系列で見た障害の発生原因と発生件数

棒グラフや折れ線グラフが適しています。

 

>システムの規模と,障害の発生件数との相関

散布図が適しています。

 

>発生した障害と,それに影響を及ばすと思われる原因との関系

特性要因図が適しています。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。