トップ過去問一覧基本情報技術者 平成21年・秋 > 問30
問30

音声のサンプリングを1秒間に 11,000 回行い,サンプリングした値をそれぞれ8ビットの データとして記録する。このとき,512 × 106 バイトの容量をもつフラッシュメモリに, 記録できる音声は最大何分か。

○正解
×不正解

77

96

775

969

解説

サンプリングとは、音声等のアナログデータを一定の時間間隔で抽出することです。

 

フラッシュメモリに最大何分記録できるかは、

(フラッシュメモリ容量)÷(1分あたりに必要な容量)

で求まります。

 

1分あたりに必要な容量は、8ビット(1バイト)のデータを1秒間に11,000回記録するので

1バイト × 11,000回 × 60秒 = 66,000 バイト

となります。

 

以上より、フラッシュメモリに記録できる音声の長さは、以下のように求められます。

 

(フラッシュメモリ容量)÷(1分あたりに必要な容量)

= (512 × 106) ÷ 66,000 

= (512 × 106) ÷ (660 × 103)

= (512 × 103) ÷ 660

= 775.7575.. 分

 

(訂正 2011/03/22)  指数表記になっていなかったのを修正しました(106 → 106

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。