トップ過去問一覧基本情報技術者 平成21年・秋 > 問32
問32

関係データベースの主キーの性質として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

主キーとした列に対して検索条件を指定しなければ,行の検索はできない。

数値型の列を主キーに指定すると,その列は算術演算の対象としては使えない。

一つの表の中に,主キーの値が同じ行が複数存在することはない。

複数の列からなる主キーを構成することはできない。

解説

主キーとは、行を一意に特定するためのものなので、同じ主キーの値を持つ行が複数あっては困ります。

 

>(誤り)主キーとした列に対して検索条件を指定しなければ,行の検索はできない。

主キー列に対して検索条件を指定しなくても、他の列に対して検索条件を指定して行の検索ができます。

 

>(誤り)数値型の列を主キーに指定すると,その列は算術演算の対象としては使えない。

使えます。

 

>(誤り)複数の列からなる主キーを構成することはできない。

できます。例. 受注明細テーブルで、注文番号商品番号をセットで主キーにする。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。